HISTORY

ミダックグループについて
70周年のあゆみ 70th since 1952

ミダックグループは、2022年4月に70周年を迎えることができました。
創業から70年の長きに渡って、事業を継続してこられたのも、ひとえに地域住民の皆様、お客様、金融機関様、株主様などのステークホルダーならびに従業員の貢献によるものです。深く感謝申し上げます。

ミダックグループは、これからも社会・お客様のニーズに応え、最上級の満足を頂けますよう、「安心・安全」をキーワードに、皆様から信頼され信用される企業であり続けるよう、全社一丸となって邁進してまいります。

これまでもこれからも、人と地球を次世代のために、水・大地・空気を未来につなぐミダックグループの更なる発展のために、なお一層のご支援、ご鞭撻を賜りますよう、お願い申し上げます。

70TH おかげさまで70周年 さらなるステージへ

HISTORY

創業者 熊谷忠平
創業者 熊谷忠平
創業者の熊谷忠平は1928(昭和3)年、11人兄弟姉妹の8番目として静岡県浜名郡積志村で生まれました。戦後、浜松市は復興を遂げるにつれ、人口も次第に増加していきました。それに伴い、多くの量が発生するようになったのがし尿やごみでした。それらの処理が浜松市の施設だけでは対応しきれなくなり、山川や道端への不法投棄が横行していました。なんとかしなければいけない逼迫した状況を見かねた忠平は、それまで手がけていた商売を人に譲るなどし、自らがし尿やごみの収集運搬を行うことを決意しました。当社グループは、創業当時より人の困っていることを助けるという誠実な気持ちは変わっていません。創業当時は現在のような明文化された行動指針こそありませんでしたが、確実にその精神は受け継がれ、今後はさらに企業文化となり生き続けるものと確信しています。

成長・確立期 〔1984年〜1995年〕

1984年

新体制で再出発した小島清掃
創業者が他界し、熊谷勝弘が二代目代表取締役社長に就任

着実に実績を積み上げていた小島清掃が、これからさらに成長しようとしているときでした。 1984(昭和59)年8月、創業者の熊谷忠平が肝臓癌で急逝。享年55歳でした。

長男の熊谷勝弘が26歳でニ代目代表取締役社長に就任。同9月に次男の熊谷裕之が24歳で専務取締役に就任しました。さらに長女の高橋由起子がそれまで勤めていた会社を辞めて、取締役として加わりました。

再スタートは前途多難でした。いきなりベテラン営業社員が会社を辞めただけでなく、顧客を奪って同業他社へ移ってしまいました。危機的状況に陥りながらも、勝弘と裕之がなんとか前を向くことができたのは、取引先が小島清掃を信用しこれまでどおりに仕事を任せてくれたからです。そしてなによりも、力を合わせてこの困難を乗り切ろうとするドライバーの支えがあったことが大きかったのです。

1986年

当時の車両
廃液処理施設を新設

新体制で再出発した小島清掃は、営業に力を入れるとともに、目を付けたのが廃液の処理でした。1986(昭和61)年5月、本社事業所に廃液処理施設を新設。処理能力は10t/日程度でしたが、当時はそれで十分に対応することができました。

その後、廃液処理業者が少なかったことも追い風になり、廃液処理の依頼が増えてくると、施設の処理能力が追いつかなくなりました。そこで、1988(昭和63)年に廃液処理施設をリニューアルし、処理能力を50t/日へと増強を図りました。あわせて10tダンパーなどの車両も増台して体制を整え、廃液処理のシェアを伸ばしていきました。

1988年

呉松事業所の工事風景
悲願の管理型処分場の完成と粉砕施設を新設

1988(昭和63)年4月、勝弘・裕之体制になってからも常に必要とされていた管理型の最終処分場である「呉松事業所」を完成させました。投資金額は計6億円を超え、当時の小島清掃の売上規模から考えると大きな投資でした。

呉松事業所は、燃え殻、汚泥、紙くず、木くず、繊維くず、動植物性残さなどのほか、処分に関する基準が厳しい特定有害廃石綿を埋め立てることもできる、国内でも貴重な処分場でした。

同年には管理型処分場を設置しただけでなく、廃プラスチック類などを粉砕する中間処理業の許可を取得、管理型処分場のすぐ近くに粉砕施設を新設しました。こうして小島清掃は、浜松市では他の追随を許さない廃棄物処理業者となりました。

1991年

当時の感染性廃棄物運搬車両
感染性廃棄物への対応

1991(平成3)年に廃棄物処理法が改正され、廃棄物処理業者には廃棄物のより適切な処理が求められるようになりました。一方、特別管理廃棄物の制度が導入されたことで、特別管理廃棄物の処理という新たなマーケットが生まれました。

小島清掃は特別管理廃棄物のシェアの獲得を目指し、まずは強いパイプのあった病院や診療所などの医療機関から排出される感染性廃棄物の処理の受注に向けて動くことにしました。必要な知識を頭に叩き込んで営業に走りまわり、浜松市の医療機関の感染性廃棄物の処理をほぼ独占的に請け負うことができました。

1992年10月~1995年8月

当時の中間処理施設
独自の中間処理施設の拡充

小島清掃は特別管理廃棄物のマーケットの開拓に注力すると同時に、特別管理廃棄物を含めた産業廃棄物を法律に則って適正に処理するため、本社事業所の中間処理施設の拡充を図りました。1992(平成4)年10月、脱水油水分離中和施設を設置。翌1993(平成5)年9月に天日乾燥施設を設置し、続く1994(平成6)年4月に乾留施設を設置。さらに1995(平成7)年8月には凝集沈殿施設と活性汚泥施設も設置しました。

この頃に小島清掃が設置した中間処理施設は、いずれも同業者がすでに使用しているような既存の施設ではありませんでした。法律の基準に照らし合わせ、自社のノウハウを駆使して独自につくりあげたもです。小島清掃が自治体から許可を得た独自の中間処理施設を数多く備えていたことは、同業者との差別化を図る大きな強みとなりました。

1995年

当時の分析センター
本社の拡張、分析室の設置

管理型処分場の設置、中間処理施設の拡充、さらに特別管理廃棄物の処理を推進してきた小島清掃の年間売上は、1900年代半ばに12億円を突破しました。この頃には社員が60人近くにまで増え、2階建ての本社が手狭になっていました。そこで1995(平成7)年4月、本社を4階建てに拡張しました。

有害物を扱うようになっていたこともあり、これまで外部の業者に依頼していた産業廃棄物の分析・測定業務を自社で行うため、新たに分析センターを設置。この分析センターはその後、有限会社ミダック分析センターとして分社化することになります。

VISION

株式会社ミダックホールディングス 代表取締役社長加藤 恵子
株式会社ミダックホールディングス
代表取締役社長加藤 恵子
製造業など新しいものを作り出す「動脈産業」に対し、私たちが営む廃棄物処理業は「静脈産業」と呼ばれ、中小規模の企業が大多数を占めています。そのため、「動脈産業」に比べれば収益力・組織体制ともまだまだ十分な水準ではないと見られがちです。
しかし、人体で考えれば、どちらも同じように健全でなければ血液が循環できず、人は生きていけません。循環型社会の構築が求められる今日、経済界でも動脈・静脈とも同じレベルで健全であり続けることが必要で、廃棄物処理業界を底上げすることは社会ニーズに応えることでもあると認識しています。当社グループは、常に業界をけん引していくという気概を持って、適正な廃棄物処理を追求し、「業界の底上げ」を図ってまいりたいと考えています。
これまでもこれからも、人と地球を次世代のために、水・大地・空気を未来につなぐミダックグループの更なる発展のために、また、私たちに課せられた大きな使命と責任を果たし続けるために、なお一層のご支援、ご鞭撻を賜りますよう、お願い申し上げます。