新着情報

2018.10.19

非常用備蓄飲料水を地元自治会に寄付しました

富士宮事業所では、8月に備蓄非常食の入れ替えを行いましたが、これまで保管してあった飲料水の賞味期限がまだ一年ほど残っているため、何とか有効利用したいと考え、地元自治体と相談したところ、11月初旬に開催される文化祭で、豚汁の炊き出し用に使っていただけることになりました。
そのため、10月13日に行われた準備会の席に2L×6本入りの箱を10ケース持参して、富士宮事業所長の熊谷が山宮2区の区長様にお渡しいたしました。
まだ賞味期限が残っているものを無駄にすることなく、このような形で有益に使っていただけることになり、環境ビジネスの一翼を担う企業として嬉しく思います。受け入れてくださった山宮2区の皆様に厚く御礼申し上げます。

非常用備蓄飲料水寄付 1

新着情報一覧に戻る