新着情報

2018.02.26

富士宮事業所にて山宮小学校4年生の環境教育を実施しました

2/14(水)、富士宮事業所にて山宮小学校4年生(27名)を対象に環境教育を実施しました。
今回で2回目となる環境教育ですが、廃棄物の焼却炉では、何をどのように燃やしているかの説明や、実際の燃え殻のサンプルとその燃え殻をリサイクルした製品のサンプルを見てもらいました。
また、子供たちに環境意識を高めてもらうために、排ガス処理によってきれいな空気を大気に戻していること、廃熱を利用し発電を行うサーマルリサイクルを行っていることなど、富士宮事業所の環境に対する取り組みを紹介しました。
工場見学では、クレーンでごみを運んでいる所を間近で見ながら中央制御室での管理体制を見てもらい、また、実際に稼働している焼却炉も見学してもらいました。

参加した小学生みんながしっかりメモを取りながら熱心に話を聞き、「この仕事で大変なことはなんですか?」、「この仕事をしていてよかったと思ったことは?」、「何種類の機械があるんですか?」「(廃棄物種類の)動物の死体ってなんですか?」など、 多くの質問が上がり、非常に有意義な環境教育となりました。

環境教育1

環境教育2

環境教育3

新着情報一覧に戻る